豆のチカラ

豆乳が好きすぎて♡お豆と健康についてのあれこれです(^^)

「枝豆」と「だだちゃ豆」って何が違うの??この差って何ですか??

スーパーに行くと枝豆の隣にだだちゃ豆が

おいてあるのを見たことありませんか?

見た目は同じなのに何が違うのでしょうか?

枝豆とだだちゃ豆の差は3つあります☆

 

①色の差

そもそも2種類とも大豆になる前の未成熟の豆

なのですが、、

 私たちが普段よく食べている枝豆は青豆

だだちゃ豆は茶豆に分類されるのです。

f:id:emalife:20170712080256j:image

そして枝豆とだだちゃ豆をそれぞれ茹でて

中身を見てみると、、

f:id:emalife:20170712080305j:image 

青豆の枝豆は青く、茶豆のだだちゃ豆は

やや茶色がかった色なのです!

f:id:emalife:20170712080317j:image

 

 

②収穫時期の差

一般的な枝豆とだだちゃ豆は

収穫の時期に差があるんです☆

 

枝豆は 6月➡︎9月

だだちゃ豆は 8月➡︎9月

 

だだちゃ豆は繊細な豆で、収穫に適した時期を

逃してしまうと味が落ちてしまうのです。

 

さらに、だだちゃ豆には秘密が、、

f:id:emalife:20170712082713j:image

だだちゃ豆は茶豆の中でも、山形県、鶴岡市で

栽培しているものだけをだだちゃ豆といいます!

 

なぜだだちゃ豆というの?

だだちゃの「ちゃ」は茶豆から来ていると

思っている人も多いのですが、実は

違うんです。

だだちゃ豆の「だだちゃ」とは鶴岡市周辺の方言で、

「お父さん」という意味なんです。

だだちゃ=お父さん

だったんですね♪

ちなみにお母さんは

「ががちゃ」と言うそうです(^^)

 

ではなぜ、お父さんという意味の だだちゃ が豆の名前に付けられたのでしょうか?

一説によると、江戸時代に献上された

豆に対して、庄内藩の殿様が

「こんなおいしい豆を作ったのはどこの だだちゃ か?」

と尋ねたところから。といわれています。

f:id:emalife:20170712082734j:image

 

③味の差

枝豆とだだちゃ豆には味の差があります。

どんな差なのでしょうか?

 

枝豆は皆さんおなじみ夏によく食べる

種類のものです。

f:id:emalife:20170712082910j:image

 

これに対して対し、だだちゃ豆は豆の風味が

強く、後味や豆の香りも濃いのです☆

f:id:emalife:20170712083505j:image

鶴岡市の寒暖差がこの独特な茶豆の

甘み、香りを生み出します☆

 

おわりに

普段何気なく食べている豆ですが、

見た目が似ていても、食べ比べてみると

その違いに驚きます☆

知ってるようで意外と知らない豆の常識でした(^^)♪