豆のチカラ

豆乳が好きすぎて♡お豆と健康についてのあれこれです(^^)

全国にある豆の郷土料理 & おいしい豆の見分け方

日本の各地域で豆を使った郷土料理が

受け継がれています。

その土地ならではの素材や調理法で

作られた豆料理を調べてみましょう☆

 

いとこ煮   (富山県)

f:id:emalife:20170704142903j:image

小豆、ゴボウ、大根、ニンジンなどを

醤油、もしくは味噌で味付けした煮物。

材料や作り方は少しずつ異なりますが、

全国各地で作られている伝統料理です。

f:id:emalife:20170704143013j:image

このようにカボチャを入れるところもあります。

 

 

納豆汁  (山形県)

f:id:emalife:20170704143054j:image

納豆をすりつぶして、味噌汁に溶かし入れた郷土料理。

納豆汁は東北各県をはじめ、全国の色々なところで

伝統食として受け継がれています。

山形県の納豆汁には、サトイモの茎を干して作る

「いもがら」が欠かせない具です。

 

 

小豆ばっとう  (岩手県)

f:id:emalife:20170704143224j:image

小豆を煮たおしるこに、幅の広いうどん状の

麺が入っています。

岩手県宮古市の郷土料理です。

山梨県の「小豆ぼうとう」など各地に

似た料理があります。

 

 

ずんだ餅  (宮城県)

 f:id:emalife:20170704143315j:image

ずんだとは枝豆のことです。

枝豆を茹でてすりつぶし、砂糖などを加えて

味つけしたものをお餅にからめます。

宮城県などの名物です。

 

 

しもつかれ   (栃木県)

 f:id:emalife:20170704143429j:image

正月料理に使って残った鮭の頭や節分の大豆に、

すりおろした大根やニンジンなどを加えて煮込んだもの。

余り物を活用してできた栄養豊富な伝統料理です。

 

 

おいしい豆の見分け方

 

良い豆

・ツヤがある

・丸みがある

・ふっくらしている

 

新しくて良い豆は、皮にツヤとハリがあり、

丸みを帯びた綺麗な形をしています。

手に乗せるとほどよい重みがあり、

煮豆にするとふっくら仕上がります。

 

良くない豆

・ガタガタしている

・傷がある

・シワがある

 

形がいびつで、傷がある豆はよくありません。

年末年始に出荷され、梅雨を越した後の

古い豆は「ひね豆」といいます。

新しい豆に比べて味や品質が劣ります。

 

豆を水に入れてみよう☆

豆を水に入れてしばらく置いておきます。

浮いてくる豆があれば、それは

乾燥し過ぎた豆や傷ついた豆なので

取り除くようにしましょう。

 

まとめ

豆を買う時は、できるだけ新しいものを

選ぶようにしましょう。

豆は食べるだけじゃなく、傷んでいる豆や

ひね豆はお手玉や楽器などの材料にしても

楽しめます。

郷土料理は暮らしの中で生まれた故郷の味です。

地域の人々に根付いているため、

長い間受け継がれていくのですね☆